SkyBeje開発記

SkyWayを使ったブラウザ間通信アプリを開発してます。

LOL始めました

 

とりあえず開発中のSkyBejeについてですが、色々と改良しました。

・SkyWayの正式サービス対応( SkyWayJsを使用するように変更)
SFU対応(配信時の負荷が下がったはず)
・レイアウト修正(メニューをスライドにしたり、そのほか色々)
ライブ配信等は、4つまで表示できるようにしました。

 

以下は「League of Legends」というオンラインゲームのプレイ画面を、スクリーンシェア機能で配信している状態です。※右上はアンドロイド端末(Nexus9)からの配信で、右下はYouTube動画です。

f:id:iwatendo:20171010105525p:plain

 

以下は、2分割表示の場合です

f:id:iwatendo:20171010105547p:plain

 

SFU対応もしたので、そろそろどれくらいの人数への配信に耐えれるか、負荷テストをしてみようと思ってます。(負荷テストと言っても、大人数に向けて配信する為のサービスではないので、10人くらいに配信して問題なく動けば満足です。Discordに実装された画面共有機能も最大10人までみたいですね)


実装の都合で、シグナリング回数が多かったりする問題は残っているのですが、サービスを使ってる人は殆どいない状態なので、とりあえず富豪的プログラミングならぬ、富豪的シグナリングのままで放置してます。仮にユーザーが増えたとしても、どちらかというとSFUのギガ制限(500GB)の方が、先に引っ掛かるような気もしてますし。

 

ちょっと前まで、知り合いを集めて「人狼」で負荷テストしようと思ってました。結構いろんな人に「このサービスを使って、人狼やろうと思ってます!」と宣言してて、その方向で準備とかしてたのですが、いざ知り合いを誘おうと思った時、同年代の友人や知り合いは、子育てやら何やらで休日も忙しい様子。。

声掛けても集まるかどうか怪しいし、日時の調整も大変だし、月一回の開催とかじゃテストにならないし。。第一、私は人狼未経験で、絶対にグダグタになりそうだし。。とか色々考えたら、日和ってしまいました(笑)

 

というわけで、オンラインゲームを使って負荷テストする方向にしました。
オンラインゲームの配信なら、マストドンあたりにURLを流せば繋いでくれる人は多少いるんじゃないかな、と思ったので。

 

オンラインゲームは何でも良かったのですが、前から気になってた「League Of Legends」を数日前から始めてみました。調べてみると7年位前からあるゲームですが、日本サーバーの正式サービス開始は2017年3月と結構最近みたいですね。

 

ちょっとやってみた感じ、ゲーム自体は非常に面白いのですが、外人さんが多い様子。
しかも暴言も多いみたいで、初心者は良くわからないうちに色々文句言われて嫌になる人も多いみたいです。私もすでに何度か文句言われて、軽くヘコみました(笑)

 

こういった対戦ゲームは、色々と覚えなければいけないセオリーみたいなのがあって、覚えてないと味方のメンバーに迷惑掛けちゃうんですよね。ゲームに慣れてる人だとWiki等を見て確認したりすると思うのですが、色々覚えるのも結構大変です。

 

SkyBejeでは、友人同士でゲームのプレイ画面を見せ合いながら、情報共有したり、ゲームに慣れてないメンバーに色々と教えたりするような使い方ができれば良いな、と思っています。

 

また、League of Legends は5人でチームを組むゲームなので、他の4人のメンバーの画面がみえるような使い方したら、楽しいんじゃないかと思いました。PCに負荷は掛かりそうですが、メンバーの状況だけ把握できれば良いので、フレームレート1でも良いのではないかと思ってます。

 

ただし、League of Legends はゲーム時にフルスクリーンになるため、プレイしながらメンバーの配信を見るにはデュアルモニタが必須になるのが難点です。

※追記:設定でウィンドウモードにもできるようです。

 

他、ゲーム画面を表示した状態からは、他のアプリケーションの操作ができない様子。
デュアルモニタだと、メイン画面以外はそのまま表示されていますが、他のアプリケーションを操作するには ALT+TABが必要で、さらに他のアプリケーションをクリックするとゲーム画面が隠れてしまうため、ちょっと使い勝手が悪いです。

 

そのため、スマホからSkyBejeのチャットに文字を飛ばせるような仕組みを実装してみようかなと思ってます。まぁボイスチャットの方が便利なのですが、気軽にボイスチャットできない生活環境の人も多いと思うので、多少ニーズはあるんじゃないかなと思ってます。

 

さて、とりあえず League of Legendsを一緒にできる仲間を探そうかな。